しまずいてい
島居邸 洋館 

~蒼波と島並みを望み、館で楽しむ 山居の趣き~

千光寺へと続く長い階段の途上に、1軒の風格ある館が佇んでいます。 島居邸と長く親しまれ、その名は明治期にこの地を所有していた豪商、島居氏に由来しています。
昭和6年(1931年)建築で、アースカラーのモルタル洗い出しの外壁、玄関横のモダンな円窓、2階バルコニーのアーチ型の支柱など擬洋風建築の意匠が随所に凝らされています。
今回、外観は当時の面影を残しながら、内装は家族や友人でくつろげる新しい空間へと生まれ変わらせました。

建物は縦割りとなっており、東側はバルコニーから景色を望んだことにちなみ「望(ぼう)」、西側を元は蔵であった部屋の名残から「蒼(そう)」と呼んでいます。

客室紹介

- bou

テラスから尾道水道を堪能できる 島居邸「望」

広い1階リビングに点在する柱が建築当時そのままに和の趣を感じさせる空間。2階バルコニーからは真向かいに向島と尾道水道を望み、穏やかな瀬戸内の風を感じながらお過ごしいただけます。

- sou

吹き抜けの蔵が特徴的な 島居邸「蒼」

玄関を入ると頑丈な梁に支えられた元蔵ならではの吹き抜けのダイニングとキッチン。
掘り込み式の居間には大小さまざまな備後絣のクッションを備えています。2階は洋風と和風が調和した広々としたお部屋です。


建築家

桐谷 昌寛

Masahiro Kiritani

プロフィール
菊竹清訓建築設計事務所にて、菊竹清訓に師事
在籍中及び独立後現在に至るまで、多数のプロジェクトを担当
現在は桐谷建築設計事務所を設立

略歴
1972年 広島県竹原市生まれ
1995年 日本建築学会設計競技賞受賞 【空間のリサイクル】
2004年 島根まちなみ景観大賞/公共建築賞特別賞受賞【島根県立美術館】
2005年 免震構造協会賞、空気調和・衛生工学技術賞 【九州国立博物館】
2008年 日経ニューオフィス推進賞 【神原汽船本社オフィス】


ご予約・空室照会